髪を梳いて

思いのほか、

毎日はきちんときちんとすぎていく。

 

良いお年を と言葉を交わして手を振って別れる

どう考えても波乱の2018年がどっしり構えて私を待っている

踏ん張りどころ、こんなところでくるのか

 

RPGだったら、セープポイント、多分、今。

 

 

悲しむということは本当に体力のいることだ

あまりのエネルギーの消費に、弱音をいう元気もない

気づくと私は誰にも弱音を吐けなくなった

 

あまりにも冷たい人間なので

他人の甘えも弱音も愚痴も全部面倒で

他所でやってくれと思いながら

きっと自分も同じこと思われてるんだろうなと思って

やっぱりなんだって心の中にしまっといたほうが楽じゃん

 

好意的な感情は持て余すのでついつい口の端から出る

 

 

髪を梳かす

忘れそうなことを忘れたくないなと思う

今だって暗闇の中から爪が床を擦る音や

ご機嫌が地面を叩く音

寝ぼけて小さく鳴いた声が聞こえてくるんじゃないかと思って

相変わらず気配ばかり探して空気を吸ったり吐いたりしている

 

とうとうこの家にいる理由も何にもなくなったな

広告を非表示にする